生活

【子育て世帯は必須!】食洗機の導入で、食後に1時間の余裕が生まれた

食洗機を購入し使い始めた時、あまりの生活の変わりように感動しました。
食洗機を利用することのメリットは計り知れません。その素晴らしさをお伝えします。

この記事で伝えたいこと
  • 食洗機を利用することで、食後の食器洗いの手間やストレスが消滅し、1時間の空き時間を生み出せた!
  • 食後が突然暇に!家族や子供との時間にしよう
  • 子供の教育のための時間確保にも極めて有効

どの家庭も食洗機は絶対に買うべきです!

我が家の住宅事情と、食洗機を購入した経緯

我が家は賃貸マンションに暮らしています。ファミリータイプの部屋なのですが、ビルトインの食洗機はありません。そのため以前は食器や調理器具は全てシンクで手洗いしていました。

食器洗いなんて5分くらいだろう!と思って生活していましたが、仕事終わりの疲れた時や、子供の世話がある時は辛い時もありました。調理器具も含めると、結局30分くらいは洗い物に要していたと思います。そのためお金に余裕があるタイミングで食洗機は是非買いたいと思っていました。

後付けのファミリー向け食洗機となると、Panasonic一択です。我が家は4人家族なので、買うなら大きいサイズじゃないと!

アイコン名を入力

でも10万くらいかかるし、安い買い物ではない。費用分ペイできるのかな・・・。
子供もまだ小さいし食器も少ないから、少し頑張ればいいんじゃないか。

子育ては常にお金がかかるもの。贅沢品の気もするし、少しでもお金は節約したい気持ちがありました。

そんなところで、2022年7月に突如引越しをすることになったのですが、引っ越し直後のタイミングで突然、日経新聞アプリで、2022年8月からPanasonic製品を値上げするというニュースが飛び込んできました。食洗機は1万5千円くらい値上がりするとありビックリ!
これを見た瞬間、買うなら今しかない!と思い、翌日近くの家電量販店に買いに行きました。

食洗機を買って良かったこと5つ!

我が家の食洗機

ついに我が家に食洗機がやってきました。Panasonic製NP-TH4です。値上げ前にヤマダ電機で75,600円(税抜)で購入。

ステンレス板、足をつけた上でシンク横に設置しています。取り付け工事+部品代で3万円くらい追加でかかっています。
揺れないし、うるさくないです。

うちは朝夕の1日2回動かしています。

結果として、食洗機を買って大満足です。10万円くらい払う価値は間違いなくありますし、リターンはそれ以上と感じました!
買ってみて特に良かったと思った点をまとめました。

  1. 調理の時短に!
    • 調理中の洗い物の手間が減り、結果として調理の時短に!
  2. 食後に空き時間を生み出す!
    • 食後の洗い物の作業が消滅し、他のことに時間を充てられる
      →子供と一緒に過ごす時間ができた!
  3. 手間がなくなりストレスフリーに!
    • 強力な洗剤と温水洗いにより、手洗いで時間がかかっていた油汚れに対し、特に威力を発揮
    • 食器洗いのイライラにさようなら!食器をたくさん使った後は特に助かる!
    • 来訪者があっても、後片付けが楽チンに。家に何人招いても余裕〜♪

時間の余裕が生まれることは散々語り尽くされていますが、本当に強力でした。

アイコン名を入力

夕食後が突然暇になって戸惑いました。そのくらい時間が生まれました!

その分、小さい子供との時間が取れるようになりました。今までは子供を1人で遊ばせたり、私や妻のどちらか1人が子供2人を同時にお世話したりしていたのですが、2人で子供と触れ合えるようになりました。

しかも洗い物の疲労やストレスが無い状態ですので、子供一緒に楽しく絵本を読んだりダンスをしたりする精神的余裕も生まれました。これって子供の教育のことを考えるととても素晴らしい効果ですよね。

また他にも、調理中の負荷もかなり減りました。調理中も鍋や菜箸、ヘラなどの洗い物は出ます。それらをなるべく調理中に洗おうと頑張っていましたが、食洗機導入後はポイッとカゴに入れるだけで、洗わなくてよくなりました。結果、調理にかかる時間自体も短縮になりました!これは見落としていたメリットでした。

調理中と食後であわせて1時間くらい空き時間を生み出せました。

さらに、お客様を招いた際も楽チンができるようになりました。来客があるとコップをたくさん使ったり大皿も使用するため、お客様が帰った後は片付けが大変だったんですよね。それが食洗機に全部お任せできるので、楽しい時間を楽しいままで終わらせることができるようになりました

ちなみに食洗機用の洗剤はクリスタを使っています。手洗いでは実現できないくらいピカピカになります。

よく言われる食洗機のデメリットはどうだったのか

食洗機で言われるデメリットについて、使ってみて実際どうだったのかをまとめました。結果、デメリットはほぼ無いと言っていいと考えています。

  • 食洗機が場所を取る
    →たしかに一定の場所は必要。ただしシンクに迫り出すように設置して全く問題なかった。シンクは狭くなるが、そもそも食洗機のおかげでシンクで洗うものが減るので全く困っていない。
  • 汚れが落ちていないことがある
    →こびりついて乾燥した汚れは落ちない場合があります。でも毎回ではないですし、食洗機でおおよそキレイになったものを後から少し洗い直すだけなので、トータル圧倒的に食洗機を使った方が得しています。
  • 洗い終わるまでの時間が長い
    →乾燥までセットしているので、洗い終わりを待つ必要はありません。すぐ使いたい食器がある場合にはそれらだけ手洗いしていますが、全く問題ありません。
  • 大きい食器が入らない、また数が入りきらない
    →食器や鍋の入れ方は少し工夫が必要です。これは慣れが大事ですね。隙間が狭くてもしっかり汚れは落ちますので、キレイに収めることが大切です。

一度に洗える食器や調理器具は多ければ多い方がいいので、設置場所が許容できる限り、できるだけ大きいものを選んだ方が良いです。大きいのにして良かった。。。

食洗機の取り付け時の注意点

工事業者さんから伺った内容も含め、後付けタイプの食洗機取り付け時の注意点をまとめました。いざ取り付けようとしても取り付けできないケースが結構あるようです。

  • 水道の分岐栓部品が適合しない場合がある。また部品取り寄せに時間がかかる場合がある。
  • 水道工事ができず、分岐栓の部品を取り付けできない場合がある。水道を長年使っている場合、内部にカルキがこびりつき、取り付け工事業者が分解できないケースがある。業者に聞いたところ3件に1件程度発生する模様。その場合、水道会社に工事を依頼する必要がある。またどうしても分岐栓を取り付けできない場合は、食洗機を諦めるか、タンク式の製品に変更する必要がある。
  • 取り付け工事、取り付け部品にそれなりに費用がかかる。食洗機本体と異なり、割引する余地もない。
  • 引越しする場合は自分で取り外し工事の手配をする必要がある。
  • 電源を確保する必要がある。それなりに消費電力はあるので、分電の配線次第では、他の家電と利用が重ならないように電源配線や利用時間帯を考える必要がある。

まとめ:子育て世帯は食洗機はマストアイテム!

特に子育て世帯には食洗機は必須アイテムと言えるでしょう。何よりも子供との時間を確保するためには、食洗機は大いに活躍します。時間の他にも疲れや家事ストレスも減らせるので、より良いメンタル状態で子供と接することができるのも嬉しいですよね。

ABOUT ME
さとし
東北地方の大学院を修了後、就職と共に上京。 2013年より大手IT企業(SIer)にてエンジニアとして働いています。 東京都品川区在住。 既婚。妻と子供2人の4人暮らし。